2018年 うお座の運勢(下半期) - 石井ゆかりの星占い

情緒ある文体でつづられる12星座占いが大人気の石井ゆかりさんによる星占い。
「フィガロジャポン」本誌(毎号20日発売)で好評の星占い「星の伝言板」をオンラインでは、本誌発売月の翌月1日より掲載。今年1年の運勢のバックナンバーもチェック!
【NEWS】毎月1日に更新、石井ゆかりさんによる連載コラムがスタート!「石井ゆかりの伝言コラム」はこちらから。

2018年の下半期の星占い

$category_name
うお座   02.19 - 03.20

旅するほどにさらに旅したくなる、本物の未知の世界での「解放」。

世界にはたくさんの「有名観光地」がある一方で、「僻地」「秘境」といった場所もあります。
前者は旅慣れない人でも比較的楽に訪ねることができますが、
後者は「その道の猛者・クロウト」でないと、なかなか足を運びにくいようです。
そうした「秘境」を旅することが好きな方にお話を伺ったことがあるのですが、
「秘境」に旅行すると、自分と同じような「秘境ファン」がたくさんいるので、
そこで「お薦めの秘境」についてさまざまに意見交換することになり、その結果、
秘境に行けば行くほど、また新しい秘境に行きたくなるのだそうです。

旅好きの人の中には、世界中を旅し尽くして、もう行きたいと思うところがない、と嘆く人もいます。
一方で、旅に出れば出るほど、もっと旅をしたくなる!という冒険家も少なくありません。
勉強や研究にも、それに似たところがあります。受験勉強や資格取得のための勉強に打ち込み、
目的を達したところで「もう勉強はたくさんだ!」という思いを抱く人がいます。
その一方で、「学べば学ぶほど、世界にはわからないことがたくさんある、ということがわかってきて、
さらにどんどん学びたくなる」という人もいるわけです。

2018年下半期、魚座の人は未知の世界を旅したり、まだ知らないことを学んだりする季節を迎えています。
そんな季節の中で、「旅すればするほど、もっと旅をしたくなる」という思いを抱いているなら
それはおそらく、貴方にふさわしい、正しい旅、ということなのではないかと思います。
一方、計画したリストを塗りつぶすように旅先を塗りつぶし、あるいは勉強のタスクを片付けている人は
「もうやりたいことがあまりない」「未知の世界など広がっていない」という気持ちかもしれません。
もし貴方が後者のような気持ちでいるならば、
もしかするとまだ「本当の未知の世界」には、出合えていないのではないでしょうか。
だとすれば、この下半期に、貴方にとって本物の「未知の世界」に出合えるはずです。
ここで言う「本当の未知の世界」は、物理的な外国とか、勉強のフィールドなどとは、少し違うかもしれません。
たとえば、映画などではしばしば、「自分の夢の中」や「過去の世界」などを旅する物語があります。
パラレルワールドや他人の頭の中を旅するといったものもあります。
物理的な「世界」ではなく、どこにあるとも言えない、でも、確かに私たちの想念に浮かんでくる「世界」を、
この時期新たに発見し、そこを旅する人も少なくないだろうと思います。

海外を旅行し、あるいは留学の経験を得て、そこで初めて自分自身を知る、という人がいます。
母国ではずっと居心地の悪さを感じていたのに、外国で自分の個性を受け止めてもらって
「こういう自分でも、生きていけるんだ!」「のびのびと自己主張していいんだ!」というふうに、
ある種の許しや解放を得る、という経験が、貴方の中にもあるかもしれません。
未知の世界や異世界が、その人本来の姿を肯定し解放してくれる、という現象は、思えば不思議なものですが、
私たちはそもそも、そうした許しや解放を得るために旅をし、あるいは学びたいと願うのかもしれません。
2018年下半期、貴方は貴方本来の生き方や個性をさらに伸びやかに解放するために、
さまざまな次元での「未知の世界・異世界」を、旅していくのだろうと思います。
2018年11月から、貴方は社会的に飛躍を遂げる大活躍の季節に足を踏み入れます。
その直前に当たる2018年の夏から秋は、「舞台の中央に立つための準備」の時期と言えるかもしれません。
多くを学び、さらに個性を解放する中で、活躍と成功の季節を予感している貴方がいるはずです。

2.19-3.2 生まれの貴方

長くつき合っていける相手ほど、いつも違ったことを話し合える。

ずっと変わらぬ幼なじみや、困ったことがあるといつでも相談できる恩師など、「長い時間の中で変わらない信頼関係」は、とても貴重なものです。古い友や師、仲間は、不思議と「いつも同じことを言う」わけではありません。むしろ、いちばん新しいものや今の自分にもっともフィットする何かを、常にブラッシュアップしながら与えてくれるようなところがあります。自分が今所属している世界では出てこないようなアイデアや、自分の知らない言葉を、会えばいつも教えてくれる人々こそが「長くつき合うに値する相手」なのではないかと思います。相手の成長と自分の成長が絡まり合うようにして、徐々に関係が変化しているからこそ、関わりが枯れたり腐ったりすることなく「長続きする」ということなのでしょう。この時期、そうした「長いつき合いの相手」から得るものが多そうです。あるいは、ここからそんなふうに、ずっと長くつき合っていける相手に、ふと出会えるタイミングでもあるだろうと思います。
7月から8月半ば、9月中旬から10月上旬にかけて、人から見えないところで奮闘を重ねる人が多そうです。舞台裏や稽古場で汗を流すような、目立たないけれども非常に重要なプロセスがここで展開するでしょう。9月から11月頭にかけては、大切な人に会うために懐かしい場所を旅することになるかもしれません。11月からはガツンと忙しくなります。新しい社会的立場や活躍の場を勝ち取るための、熱い勝負のスタートです。愛に追い風が吹くのは7月中旬、9月前半、12月下旬です。

3.3-3.12 生まれの貴方

内側に芽を出して貴方を進ませる、少々神秘的な「啓示」。

ここしばらく、精神の変革期、あるいは「魂の変革期」と言いたいような時間の中にあるはずです。ただ「何か大事なことが起こっているのはわかるけれど、何が起こっているのかはよくわからない」という、もどかしい思いを抱えている人が多いだろうと思います。そのような状況に関してこの下半期、誰かが「答えのかけら」をくれるかもしれません。尊敬できる師や大切な仲間、理解者や友、パートナーなどが、貴方に起こっていることについての話し相手になってくれるでしょう。宗教画などで神聖な啓示を受けるシーンは、天使や聖者のような存在が「上から来る」イメージで描かれます。でも、この時期の貴方が得るインスピレーションや「これだ!」という確信は、おそらく貴方の内側に「生まれる」感触があるだろうと思います。貴方を取り巻く人々の知性や愛が触媒となって、貴方の中に大切な自信や使命感が「芽生える」のが、この時期であるようです。
7月から9月前半にかけて、どこまでも旅することになるかもしれません。あるいは、精力的に学んだり、弟子入りしたり、何かを「訓練」したりすることになるかもしれません。非常に広い範囲に対して発信し、大きな成果を収める人もいるはずです。9月末から10月、さらに12月は、9月前半までの活動に対するとても好意的なフィードバックを得られそうです。7月後半、9月半ばは素敵な人間関係に恵まれるでしょう。12月に入ると一気に「勝負」モードに。戦って大きなものを勝ち得ることができます。愛に追い風が吹くのは7月、12月です。

3.13-3.20 生まれの貴方

遠くから来る仲間、バックグラウンドや立場の「越境」から生まれるもの。

目上の人や、ごく遠い存在だと感じていた誰かが、突然貴方のごく親しい仲間になってくれるかもしれません。貴方の側からはとても「友だちになってください」などと言えないような相手が、向こうから「友だちになりましょう」と言ってくるかもしれません。物語やゲームの中ではしばしば、幼い子どもから老人まで、年代やバックグラウンドを超えたさまざまなキャラクターがひとつのチーム、パーティとして行動する姿が描かれますが、現実の世界ではなかなか、そうした「お互いの立場を超えたチーム」は作りにくいものです。でも、この時期の貴方にはそれができるようですし、そのことが参加している人々にとっても、絶大な価値を持つはずです。
そのプロセスでは、「条件を揃えること」と「結果」が逆転するかもしれません。ごくベタな例でいえば「貯金があれば結婚できるのに」と思っていたけれど、あえて貯金のないまま結婚したら「かえって経済的に回るようになった」といった展開があります。「この条件があれば、これができるのに」という発想を逆転させるような出来事が、この時期、貴方の世界に起こるかもしれません。
7月中旬から8月上旬、愛のミラクルが起こりそうです。クリエイティブな活動にも不思議な光が差し込むでしょう。8月半ばから9月半ば、仲間との熱い関係を作ることができます。11月から12月頭、経済的な人間関係が前向きな変革期を迎えます。理想的なサイクルを作れそうです。12月半ばから1月にかけて「自分との勝負」の季節です。戦って勝ち得るものがありそうです。

 

12星座別占い

Horoscope : Ishii yukari / Illustlation : Chihiro Yoshii

石井ゆかりプロフィール

ライター。星占いの記事やエッセイなどを執筆。『12星座シリーズ』(WAVE出版刊)は120万部を超えるベストセラーに。『3年の星占い(全12冊)2018-2020』(文響社刊)も発売中。主宰WEBサイトは『筋トレ』http://st.sakura.ne.jp/~iyukari

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。